英語は好きただ翻訳や通訳にはなれない

幼稚園の頃から英語を習っていて、学生時代も好きでした。
高校は英語科に行きましたし、海外の二年制大学へ留学し、卒業もしました。
両親からは「将来は英語を生かして通訳いいんじゃない?」など言われてきましたが、テレビ等で海外アーティストに付き添っている通訳の方などを見ていると「到底自分には無理だ」と感じました。
同時通訳のスキルが乏しいからです。
まだまだ知らない単語や忘れている単語なども多いですし、色々な場面場面での専門用語等も無知です。
現地の学生だったころは教科書を開いて授業に出て、テストもしたし、プレゼンなんかもあったけど、所詮日常会話で、今の私は職業にできるものではない、と思ってしまっています。
今や英語は出来て当たり前のような時代になってきていて、語学に強みを求めるには、英語以外の外国語ができた方がいいと思います。
海外よりも遅れてようやく英語が小学校で必須になったりしてきているのはそういうことだと思います。
英語に苦手意識を持たないためには脳がたくさん吸収する小さいうちから慣れ親しんでおくことはとても重要だと思います。
同時通訳は英語と日本語の変換力が必要ですし簡単なことではないからこそやりがいもあるんだろうなぁと思います。
相手の言葉を変換し、その時々で意味やニュアンスの微妙な違いも正しく伝えられることによって、本当に日本と外国の架け橋のようなお仕事だと思います。

多様なニーズ向けの専門翻訳
翻訳センターに登録している国内外の個人翻訳者や海外の翻訳ベンダーとのネットワークが強みの翻訳サービス
www.honyakuctr.com/
翻訳専門企業に依頼

«
»