海外経験等がないとできない専門的な仕事

中学生の時は、文法や単語がまだ簡単だったこともありますが、英語が楽しい、得意な科目でした。授業のはじめに先生が毎回英語の歌を流してくれたのも楽しい思い出として残っています。発音も重視されていて、先生に発音をチェックされながら英語の物語を丸々クラス全員の前で暗誦することもありましたが、これも楽しいことでした。
ところが高校に入ると、英語の印象がガラリと変わりました。毎回の授業までに難しい長文を予習し、単語をチェックし、先生に指されると答えなければなりません。先生が怖かったのもありますが、ただただ英語の予習と授業が苦痛なものでしかなくなりました。高校時代から英語は難しい、苦手なものとなり、大学でも真面目に勉強することはなくなりました。結婚し子育てをはじめたときにまた英語が気になりはじめ、英会話学校に通い始めました。外国人の先生とのコミュニケーションが楽しく、ひさびさにまた英語の勉強をはじめようと思い、通信講座で翻訳の勉強を今始めたところです。将来英語の論文を読んだり仕事で使うには今の日本の英語教育で基礎を築いておくことが重要であると思う。しかし受験英語は単語から文法に至るまで暗記暗記で英語が楽しいというより苦痛なものとしてしまっていると思う。だから小学生の英語教育はまず英語が楽しい、外国の人とコミュニケーションをとるのが楽しいと思わせることが大事だと思う。早期英語教育も英語の単語をカードやテキストで覚えさせることは意味はないように感じる。それよりも外国人の先生と遊んだり話したりしながら自然と英語に親しむことが大切なことではないかと思う。そこから英語の絵本を読んだりして単語や文法を覚えていくのが理想ではないかと思う。

«
»