その国の言葉を話すことが一番の方法です

日本人は恥ずかしがり屋で失敗を恐れる性格の人が多いせいか、自分の意見や自己表現をすることが、他の国の人と比べて苦手だと思います。しかし、海外では自己表現することがとても大事とされています。日本の文化では相手を気遣い、相手の気持ちを察することが当たり前とされていますが、日本を一歩出てしまったらそれは全く通用しません。自分の考えや思っていることなどは全て言葉に出して相手に伝えなければならないのです。またアメリカでは、曖昧な返事も一切通用しないので自分の意思を相手にはっきり示すことも必要です。私もアメリカに来た当初は、文法が間違っていたらどうしようという自信の無さや、これくらいは言わなくても分かるだろうという日本人的な考えから、あまり自分の意見を口に出して言わなかったのですが、それでは相手に自分のことを一生分かってもらえないことや、相手が勘違いしているということに気がつきました。たとえ間違った文法でも一生懸命に自己表現できる人の方が相手に認めてもらえるし、より良い人間関係が築けるのです。そして、自分の英語に自信がなくても、恥ずかしがらずに相手とコミュニケーションを取ることが自然と語学習得へも繋がるので、とにかく失敗を恐れず自信を持ってトライすることが大切だと思います。

«
»