必要だけど努力なしでは務まらない

だいたいの場合、日本で英語を勉強し始めるのは中学生の時からと聞きます。
でも、ホントは物心つくぐらいに聞かせて覚えさせるのが一番と言いますよね。
実際、現代では幼稚園から英語に親しんでもらうために読み聞かせているんだとか。

自分が英語というものに触れたのは中学生の時でした。
その頃好奇心旺盛だった自分は英語で物語を書いてみたりもしたものです。
その頃から小説を書くのが好きだったんですね。
結果書いたお話は先生に読まれ、激しく訂正されてたんですが、書くという行い自体はとても楽しかったんです。

極論ですが、勉強は好きなことを交えて覚えることが一番の近道だと感じました。
いやいや勉強してたら身につくものも身につきませんからね。最近日本には英語圏の方だけでなく、いろんな言葉を持った人が入り混じっています。
他国民と交流するのに言葉の習得は必要不可欠と言ってもいいでしょう。

外国人学校というのも増えてはいますが、近隣の指定校に通う外国の子供もいるはずです。
そういった場合言葉による壁は心の壁になってしまう可能性は十分にあります。

なればこそ、小学校に入る前に日常会話程度の英語能力を習得しておくにこしたことはないでしょう。
英語力のある子が外国の子供に話しかけて、その子が架け橋になって輪が大きくなれば、人種関係なく仲良くもなれると思うんです。

言葉の習得を急ぐことはありませんが、早くに多くの言葉を身につけておくことで、交流の輪を深めることはできるのではないでしょうか。

«