現地の言葉を使ってみる

現地の危険な場所や不当な客引きを行なっている地域を事前にリサーチしておかないと思わぬトラブルに出くわすことになる。
例えばニューヨークのタイムズスクエアに行き、ヒーローの仮装をした人たちが写真を撮ろうと寄ってくる。
そこで記念にと撮ってしまうとチップを要求される。
また、カナダに行った時は旅の半ばでお米がどうしても食べたくなりチャイナタウンに行った。通りに入って初めて周りの異様な雰囲気に気づいた。そこは麻薬常習者が通りの大半を占めていて、私たちに麻薬を売ろうと近づいてきたりしたため通りを抜けるまでは怖くて生きた心地がしなかった。
あとからネットで調べるとそこは地元の人もバスでしか通らないほど危険な地帯だったことが分かり後からゾッとした。
そういった失敗をしてしまうとせっかくの楽しい旅行の思い出に傷がついてしまう。
私の場合はあれさえなければと思い出すたび悔しい気持ちになってしまう。
美味しいお店や有名な観光地などを探すのも大事だが、現地の治安と大使館の場所や行き方くらいは最低限調べておかないと、何かあった時に必ず後悔します。
ガイドブックの情報と同時にネットの情報やその場へ実際に行った人の体験談などにも目を通しておきましょう。

«
»